私たちに関しては - E Hama Club
188
page-template-default,page,page-id-188,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-14.3,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-7.5,vc_responsive
 

私たちに関しては

「ささ田」の女将である笹田祝子さんは1947(昭和22)年、静岡県で生まれ、海と山の大自然に囲まれて幼少期を過ごされました。しかし、小学校に入学するときに東京都大田区の蒲田へ引っ越し、区内の小学校、中学校へと進んだそうです。
そうしたなか、中学3年生のとき、お姉様が勤めていたコーヒー店で店のお手伝いを経験しました。もともと明るい性格であった女将さんは店の人たちやお客さんと接することがすんなりでき、「こんな仕事も楽しいなぁ」と思うようになったといいます。
高校に進学すると、学校が休みの日に本格的にアルバイトをするようになり、それがサービス業の仕事に就くきっかけとなりました。そして、「それからは色々な世界を見てきましたね。色んな仕事をいっぱい経験しました」。
その後、ご結婚になり、しばらくは主婦業に専念していました。しかし、子育てが一段落ついた頃から、「自分の店を出す」という昔からの夢を叶えたいと思うようになったそうです。かくして1997(平成9)年、「ささ田」を開店。いつも心温まるもてなしで、私たちを迎えてくださいます。

女将さんがお生まれになったのは静岡県の蒲原。前は海、後は山という大自然に囲まれ、天からの恵みである美味しい食べ物が豊富にある中で育ったそうです。
少女時代のお話を伺うと、「小さい頃はいつも、本当に“本物”といえるものを食べていました。みかんだとか、野いちごだとか、沢ガニだとか、その季節季節に自然の中で獲れるものを食べていましたし、桜えびとかシラスは漁を手伝うと小遣い代わりにもらっていました。直接、網の中から手でつまんでいたんですよ」とのこと。
しかし、東京に引っ越してくると、都会の食べ物に違和感を覚えるようになり、次第に「田舎で食べていたものとの味の違いが許せなくなっていきました」。そして、「何でこんないい加減なものや、加工されて美味しくなくなったようなものを、みんな平気で食べているんだろう?」と、子供心に疑問を感じるようになったそうです

 

「ささ田」の店の建物は昭和初期に建てられ、今では日本の建築史においても重要な建物となっています。「結婚して、縁があってこれを受け継ぐことになりましたが、この建物もまさしく“本物”ですよね。だから、守っていきたいのです」。
伝統ある貴重な建物を維持する手間は大変なものでした。化学雑巾などは使えず、用いられている建材の材質にあった昔ながらの手入れの仕方を自ら研究し、試行錯誤を重ねました。「私はどちらかというと行動派なものですから、教科書も何もなくても自分の体で覚えていきました」と、女将さんはこれまでの苦労を振り返ります。
また、屋根の鬼瓦や窓のダイヤガラスなど、今ではそれを作る職人がほとんどいなくなってしまったような建材も多く使われており、建物を維持する費用も大変な負担でした。「とにかくお金がかかるということを身にしみて感じました。でも、これを息子や娘にも受け継いでほしいから、彼らが受け継いでいけるようにしなければならないと思ったのです」。そこで、女将さんは「維持にお金がかかるなら、この建物がお金を生み出すようにすればいい」と考えるようになります。

「皆さんが納得してお金を出してくれるようにするには、どうしたらいいんだろうか?」。それを考えているうちに、女将さんはかつて接客が好きであったことや、幼い頃から食べ物に関心があり、今でも食べ歩きを趣味にしていることに思い当たります。そして、「飲食店をやってみよう」と決意しました。
しかし、「私にもプライドがあり、自分が納得できないものをお客様に提供し、それでお金をいただくことは許せませんでした」。そんなとき知人からの紹介で、後に「ささ田」の初代料理長になる林田幸子さんとの出会いがあります。
彼女は横浜の青葉台で、長崎のしっぽく料理の店を開いていました。行動派である女将さんは、紹介を受けるとすぐに彼女の店へおもむきます。果たして、「納得できないような料理ばかりが世の中に出回っているので疑問を感じていたところに、彼女の料理と出会いました。家庭的なぬくもりがあって、それでいておしゃれで美味しい。すぐに惚れ込みました」。
かくして、自分の考えを具現化してくれる最強のパートナーを見つけ、「自分の店を出す」という女将さんの若かりし日の夢が、一気に花開きます。